ボーディングスクールの年間授業料は?

  • ボーディングスクールとは

    • アメリカをはじめ、カナダやスイス、オーストラリア、ニュージーランドに、世界から子どもが集まるボーディングスクールという学校があります。

      ボーディングとは、寄宿という意味があることから、全寮制の学校のことを指しています。
      ボーディングスクールはいずれも歴史のある学校で、広大な敷地に自然豊かな環境の中で、教育が施されていきます。



      一番の特徴は教育の方針で、少人数のクラスを守って教育して行くことです。



      およそ10〜12人の子どもに対して先生が一人という体制を敷くことで、一人一人に目が行き届くようになっています。


      先生は教育熱心な人柄であることが多く、個人ごとに学習の仕方や苦手な分野の克服に、しっかりと向き合うことができるのです。また、一人ずつ自分自身の個性に気づき、資質を伸ばしていくことを目指していき、自分の力で将来を切り開き、未来を創造して行くことを目標としています。
      世界から子どもが集まることで、違う習慣や違う言語を利用する仲間たちと共に学習し、行動することで、多様性やモラルを大切にする人格も育っていきます。



      最初は英語が話せない子どもや、環境に馴れない子どもも多くいますが、しっかりとバックアップを受けながら生活をして行くことで、だいたいが3ヶ月くらいすると馴れてくることが多いのです。


      ボーディングスクールには子供たちだけではなく、多くの先生も共に生活をしています。
      また、カウンセラーや看護師も常駐しているため、問題があってもすぐに対応できる環境となっているのです。


  • 関連リンク